忍者ブログ
このブログは企画系創作作品をまとめたブログです。主更新はオリキャラRPG企画になっております。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/30 由貴]
[09/06 水鴇 裕加]
暇つぶし
たまにコスプレしてます。
プロフィール
HN:
藤縞藤
HP:
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
1 2 3
20 2018 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



イベントクエスト『氷城の守護者』


★①5度以上ヒューフロスト王城を訪れており、ファーレンハイト・ミッドガルドと面識がある、
②ヒューフロスト国内でおこるクエストを3つ以上クリアしている、
③アンジェ・オリハルコンをパーティに加えている状態で、
④パーティ人数が4人以下の時に冒険者ギルドに行くとクエストを受領できるようになる。


冒険者ギルドにてヒューフロスト王城へ配達の依頼を受け城の南棟へ行くと、突如として王城が氷に覆われ、城から出られなくなる。城内に居た人々は氷漬けになり、城内では氷のゴーレムや冷気のレイス、アイスンなどが徘徊するようになる。

南棟を探索し、東棟へとつながる廊下へ行くとNPC『医療騎士のヘキサス・イセイル』が居るので事情を聞くとパーティに加わる。
「君達、凍ってないよね? 申し訳ないけど力を貸してくれないかな?」
「内政局の一室に、この騒動の原因があるんだ。一緒に取りに行ってくれないか?」

イセイルの案内に従って東棟内を歩き、1階端にある部屋にあるキーアイテム『庭水晶のオルゴール』を入手すると戦闘に入る。▲モンスター名『氷城の守護者』(通常敵BGM)
ここでは倒しても敵は撤退するだけになっている。
オルゴール入手後、西棟・北棟を回るとそれぞれで一度ずつ『氷城の守護者』と対決がある。オルゴールを持っていない状態で西棟・北棟に行っても『氷城の守護者』は現れない。

三度『氷城の守護者』と交戦した状態で城の正面入り口ホールに行くと『氷城の守護者』(中ボスBGM)が現れる。これを倒すと氷が融け、クエスト終了。イセイルがパーティから抜ける。
ギルドのカウンターに報告すると報酬4000Gが貰え、条件を満たせば追加クエスト『我が最愛の人々』が開放される。
また、ギルドに報告する前にイセイルに話しかけると『庭水晶のオルゴール』と引き換えに『雪嵐の呪紋札』(消費アイテム:戦闘中に使用すると敵全体に氷属性強攻撃)が貰える。交換に使わなかった場合はクエスト報告時に自動的に『庭水晶のオルゴール』は持ち物欄から消える。


◆イセイルは名の通り回復術に長けたNPCで属性もこのマップに出てくる魔物と同じ氷なので、放っておいても死ぬことはまずない。ただし回復・シールド魔術以外は特に役に立つ性能ではないので、戦力とするなら使い捨ての攻撃アイテムなどを揃えた方が無難。



→追加クエスト『我が最愛の人々』

★上記イベントをクリアした状態で①ヒューフロスト王城にある内政局本部・氷刃騎士団本部・雪盾騎士団本部とアリアドネの教会『沙』・ミッドガルド財団本家を一度以上訪れたことがあり、
②境界伯シュバルツシュタインとヒューフロスト宰相私兵《蟲》と面識があり、
③アンジェ・オリハルコンをパーティに加えている状態で、
④パーティの人数が5人以上の時に冒険者ギルドに行くとクエストを受領できる。

クエスト開始時に、パーティを二手に分ける(分ける際の人数バランスは問わない)。アンジェが居るパーティをA班、居ないパーティをB班とする。


A班の行動は基本的にイベントクエスト『氷城の守護者』と同じである。
南棟を探索し、イセイルをパーティに加え、オルゴールを入手し、『氷城の守護者』と交戦する。

『庭水晶のオルゴール』を入手すると西棟・北棟にも『氷城の守護者』が出現するようになるが、このクエストでは『氷城の守護者』の出現位置に西棟にはNPC『伝令官のペイルグリーン』、北棟にはNPC『槍騎士のゲンジュ』がおり、話しかけると『氷城の守護者』が出現するようになっている。
それぞれの『氷城の守護者』との対戦後、ペイルグリーン・ゲンジュに話しかけるとパーティに加える選択肢が出るので、必要であればパーティに入れてもよい。

三度『氷城の守護者』と交戦した状態で城の正面入り口ホールに行くとNPC『氷刃騎士団長のアーダルヘイル』がおり、話かけると『氷城の守護者』(中ボスBGM)が現れる。
倒すとイベント会話後、A班の行動が終了。B班に視点が移る。


B班は氷漬けになった城の外から開始する。
城の正門・各棟にある出入り口をすべて調べると中庭にファーレンハイト・蚕蛾・トリス=トリスが現れるので話しかける。
「お前達か、そういえば今日は城内に客が居るな」
「今回の件でお前達の力を借りたい。頼まれてくれるだろうか?」

ファーレンハイトの頼みを受け、城に隣接する氷刃騎士団本部・雪盾騎士団本部を訪ねて事情を説明する。その後城の正門の番兵に話しかけ門を閉める。
門を閉めると城の正面入り口にファーレンハイトや氷刃騎士、祭務官が集まるので、そこに行くとイベント会話が発生。会話の後に城の正面入り口を調べると▲『魔氷障壁』(中ボスBGM)との戦闘になる。
イベント会話後、正面入り口を調べる前に、周りに集まっているNPC『宰相私兵《蜻蛉》』『宰相私兵《蟷螂》』『宰相私兵《百足》』『宰相私兵《蚕蛾》』『王甥トリス=トリス』『情報局員ユナギリアス』『情報局員クーロン』に話しかけるとパーティの人数上限まで彼らをパーティに加えることが出来る。


『魔氷障壁』を倒すと城の正面入り口が開くようになるので、ここで分かれていたA班と合流する。
イベント会話後、ファーレンハイトがパーティに同行し、謁見の間につながる中央棟の正面扉が開くようになる。ファーレンハイトは戦闘には参加しない。
この時ホールに待機するNPCのうちA班・B班時にパーティに入れていたNPCに話しかけるとアイテムが貰える。
◆入手できるアイテム一覧
 イセイル:『高濃度液体燃料×3』(消費アイテム:使った次ターン、『氷城の守護者』の能力の一部を封じる。クエスト限定所持アイテム)
 ペイルグリーン:『竜巻の呪紋札』(消費アイテム:戦闘中に使用すると敵全体に風属性強攻撃)
 ゲンジュ:『天雷の呪紋札』(消費アイテム:戦闘中に使用すると敵全体に雷属性強攻撃)
 蜻蛉:『水精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの水耐性が中程度上昇する)
 蟷螂:『風精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの風耐性が中程度上昇する)
 百足:『地精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの地耐性が中程度上昇する)
 蚕蛾:『火精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの火耐性が中程度上昇する)
 トリス=トリス:『見切りのハチマキ』(アクセサリ:装備すると一定確率で盲目無効)
 ユナギリアス:『宵色の薔薇』(アクセサリ:装備すると闇耐性が20%アップ)
 クーロン:『魔祓いのリボン』(アクセサリ:装備すると霊系モンスターの攻撃を軽減する)

謁見の間に行くとミッドガルドと『氷城の守護者』がおり、イベント会話後戦闘となる。▲『グレイスドラゴン』(中ボスBGM)。
「我が名はグレイスドラゴン―――ヒューフロストより給わりしこの身は、彼らを護るためにある」
「新たなる雪と氷の地に寄り添う者よ、その力を示しなさい!!」


倒すと氷が融けてクエスト終了。ファーレンハイトが同行者から外れる。
ギルドのカウンターに報告すると報酬8000Gと、『青光の退魔銀』(素材アイテム:合成・強化に使うと武器ならば魔族特効2倍、防具ならば魔耐性80%)。
また、ギルドに報告する前に謁見の間に居るミッドガルドに話しかけると『庭水晶のオルゴール』と引き換えに『庭水晶もアミュレット』(アクセサリ:召喚術を使うキャラクターが装備すると『グレイスドラゴン』が召喚できるようになる)が貰える。交換に使わなかった場合はクエスト報告時に自動的に『庭水晶のオルゴール』は持ち物欄から消える。

◆二周目以降は、クエスト受領条件の『パーティメンバーが5人以上』が『パーティメンバーが3人以上』に変更される。
また、イセイルから貰える『高濃度液体燃料』は『紅蓮の呪紋札』(消費アイテム:戦闘中に使用すると敵全体に火属性強攻撃)に、ミッドガルドから貰える『庭水晶のアミュレット』は『闇精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの闇耐性が中程度上昇する)に、成功報酬の『青光の退魔銀』は『光精の丸壺』(消費アイテム:使うと3ターンの間パーティの光耐性が中程度上昇する)に変更される。
PR
ひたすら土下座≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡c⌒っ゚Д゚)っ


e3150b32.jpeg

カーニバルに来たサーカス団。
衣装デザを考えた末、各団員元ネタであるウサギに準じた格好をしてみました。
円は中華、満ちゃんは和風、十六夜君とアリスちゃんはイギリス風、ヒースさんは特に国が特定されていないので春祭りは豊作祈願→農夫風というアレンジになりました。
テントは初描きになりますが、横が黄色と薄紫、上が夜空の模様になってます。

しれっと灰色兎が入ってますが、こいつもイベント作ってキャラ認定したい…。

859db3dc.jpeg

1ccc5bac.jpeg

26ac4d70.jpeg

f7d9158a.jpeg

c72eba8b.jpeg

694fc6bd.jpeg

16fa2d2a.jpeg

恐らくイベント等では初めて動くうちのメインたち。メインェ…。
トルナレのあるアスコリ諸島には紅い薬の関係者の一人(一匹)、プラムが居るのでせっかくだからちょっと触れてみました。

c7f55e60.jpeg

df2a97c8.jpeg

144cb577.jpeg

浮島漫画。レゼルさんのエプロンの文字は『黒魔術』です。

512710f4.png

小話カテゴリにあるカーニバルの話のおまけ絵。
マシューはさらっとこういうことも言えるけど、普段はあまり言わないからいざいうと引かれるタイプです。





17 2011 / 04
置き場が無いのでこちらに。
交流板投稿用の文章です。
ネタ扱いはあんまりですが、小話カテゴリに置くのは変な感じでしたので…。
天方さまの一覇さん、穐さまのテュエラさんお借りしました。

100914-1.png

久々の交流板投下ブツ、の背景無し加工前です。
ちなみに加工後はこちら
左からレオンさん、ビゴーさん、フージェン君、船長、イレーネさん、ヨナさん、副船長、春雨さん、時雨さん。
それぞれの親御様、七尾さま・穐さま・大谷さま・ふみさま・雪さまお借りしました

以下、あんまり需要ないけど各キャラ個別の全体図。ファイル数の関係でセットになっております。
一部のキャラは衣装が想像です。…センスなにそれおいしいの?

100914-3.png フージェン君・船長


100914-4.png レオンさん・ビゴーさん


100914-5.png イレーネさん・ヨナさん


100914-6.png 春雨さん・時雨さん・副船長




091012-01.jpg

イベント:
●思い出の一冊

①ヒューフロスト王城に居る国王、宰相、三局長、二騎士団長に一回以上話しかける、②ファーレンハイトの猫探しイベントをクリアしている、③国王私室の本棚横にある『落丁した童話本』を入手し、ファーレンハイトに話しかけると発生する。

『落丁した童話本』を持ってファーレンハイトに話しかけると、ファーレンハイトが持ち物に反応を示す。
「! それは…懐かしいな。とっくに失くしたものと思っていた」
その本は幼い頃に教育係によく読んでもらっていたものだと言う。
「幾つか頁が抜け落ちてしまっているんだったな。もし落丁した頁がみつかったら、俺に渡して欲しい」

引き受けると、ヒューフロスト城内に『童話の一葉』というアイテムが6枚みつかるようになるので、それらを探してファーレンハイトに渡す。渡す際には6枚いっぺんにでも1枚ずつでもよい。
『童話の一葉』はクエストを引き受けてからでないと出現しないので注意。
それぞれの在り処は、①『落丁した童話本』を見つけた場所、②内政局長室応接間のチェストの中、③外政局本部3階客室のベッドの下、④情報局長室本棚の左から2番目、⑤氷刃騎士団寄宿舎会議室横の倉庫にある木箱、⑥雪盾騎士団寄宿舎ロビーにある額の裏、となっている。どうしても場所が分からないときは、城内に居るメネスに話しかけて後をついていくと『童話の一葉』の在るあたりまで案内してくれます。
欠けた頁は7頁だがみつかる頁は6頁までなので、6頁全てを渡し終えるとクエスト終了。
成功報酬は『氷雪の息吹』(消費アイテム:戦闘中に使うと通常攻撃に氷属性が付与される)と『結末の無い童話本』。途中ギブアップは不可だが、『童話の一葉』を持ってこない限りイベント会話は発生しないので放っておくことも可能。


→追加イベント●いつか月に届くまで

上記イベントを終えて『結末の無い童話本』を持った状態で宰相執務室に居るミッドガルドに話しかけると発生。
ミッドガルドが「まだそんなものがあったんですか」とファーレンハイトが話したものと概ね同じ思い出話を語った後、本棚から『結末の一葉』を取り出してくる。
「私がこの童話の結末を気に入らないと言ったから、陛下が最後の頁を破いてしまったんですよ」
ミッドガルドに『結末の無い童話本』を渡すと、イベント完了。
『結末の無い童話本』と引き換えに『エレメントウィム』(消費アイテム:戦闘中に使うと中威力の火水風土属性攻撃を各一回ずつ、敵味方区別なくランダムで誰かに放つ)が貰える。

ただし、特定のキャラクターがパーティに居る場合のみ童話の内容についての追加会話がある。
会話内容は「童話の何が気に入らなかったのか」。この会話の中でのみ童話が『竹取物語』であることが解る。

「私は、この帝の行動が気に入らないと言ったのです。単なる軽口のつもりでしたがまさか陛下が本気にされるとは」

「心持の問題ですよ。私は最期まで悪あがきをしたいタイプでしてね」

「私ならば不死を薬を燃やしません。自ら飲んで、たとえ幾年かかろうとも月に行く方法を探します。どれほど時をかけようとも必ず、ね」

というような会話が成される。



忍者ブログ × [PR]