忍者ブログ
このブログは企画系創作作品をまとめたブログです。主更新はオリキャラRPG企画になっております。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/30 由貴]
[09/06 水鴇 裕加]
暇つぶし
たまにコスプレしてます。
プロフィール
HN:
藤縞藤
HP:
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
22 2018 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

090208-01.jpg

今年は家でいくらを漬けなかったのでいくら丼は無しです…。

話を書く前に描いてみたおしとやか?なジョウガさん親子。
会李は白いだけのテオフィルって感じですね。元々テオは中性的な容姿なので当然と言えば当然ですか。
話に関しては……パラレルなんでなんでもありに書いてました。こっち話だと嫁はなんだかんだで丈夫そうです。ジョウガ押し倒した時点で斬り殺されるのではという懸念がありますが;w
性別を総とっかえにしようかとも思いましたが、ややこしくなるのでセンカの面子は皆そのままです。薬の出自に関わるであろう嫁の友人(ジョウガの話に出てきた女王と学者) は変えてあります。実際は王様と女学者さん。センカの面子は暁真と真宵を変えても兄妹が姉弟に変わるだけなのでやらなかったというのもあります。
こうして見ると薬に関わらなければ本ストーリーはセンカがらみになるみたいですね。そうなると、本編に登録されるのは会李の子孫になりそう。人間のみの血統なら十数代先でしょうが、終夜とのフラグが回収されると会李と終夜の子供とかになるんでしょうか。どっちにしろ出生がしち面倒くさいキャラですね。
名前の表記は初めは全員ジョウガに倣ってカタカナにしようと思ったのですが、エリやスガヤはともかくとしてタカオはなんとなく締まりがないし鳥だと分かり難いのでやめました。でもジョウガはいきなり漢字だと変なのでそのまま。今考えると漢字の嫦娥と表記すれば本編の間池留ジョウガと区別ついたんじゃないのかなとも思います。暁真と真宵はカタカナで表わしたほうがそれっぽい気もします。

img507.jpg 正しい返し方は「仕事のある俺と仕事のない俺どっちが大事なの!?」だそうです。

なんとなく思いついて書きました。文字読みにくくてすみません。
2コマ目で即答出来なかったミッドガルドが悪いです。どっちかでも答えればよかったものを……ほっとくと天然の人が余計なことを発言します。
2,4コマ目の左にいる人は情報局のタングレイさんです。

気づけばORPGが1周年だとか…!!
吃驚ですね。自分は一番最初から居たわけではありませんが、初期から居たのでだいたいそのくらいなんですね。
これまでも色々あったので、これからも色々あるのでしょう。とりあえずアンソロ企画。
やる気といいますか、改めて湧いてきますね。

天方さんが入院されてる!?
あわわ何があったのか分かりませんがお大事にしてください。
カンさんに見守られて…。

カルーアがレオンさんと面識…! ……あると思います。
カルーアの実家はあくまで陶磁器を「作っている」工房なので、売るには商人を介さねばならんのです。
その辺でも接点できるし、街が同じならなんとなく会うこともあると思います。
初めてトルナーレで会ったときは驚いたんでしょうかね。家出したって聞いた奴が居たとかで。

落書きしたけど公式じゃないので追記に置いておきます。
性別転換で赤い薬兄妹。







090208-02.jpg090208-03.jpg

通常状態と転換状態を並べてみました。
転換後の名前はメリッサがレモングラスに、アップルフィールドはエデンになるのではと予想。それぞれの名前法則を入れ替えただけですが。
通常は姉弟でいちゃいちゃしてても百合っぽい感じ。姉は凹凸が少なくて弟はなよしいので百合百合してしまうのでないでしょうか。
逆だと……表向きは兄妹ということになっているので、一気に犯罪の匂いがします。あんまりいちゃついてたら駄目なんだぜ? 下書き時点ではレモングラスの手はもっとやばい位置に置かれていました。
レモングラス的にはいちゃついてるというよりも抱き心地がいいからいつもぎゅーってしてるという感覚です。流石に年の差5つで母性を感じはしないと思う…。

で、オチ。ジョウガがお父さんのままなのはなんとなく。

090208-04.jpg



PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]