忍者ブログ
このブログは企画系創作作品をまとめたブログです。主更新はオリキャラRPG企画になっております。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/30 由貴]
[09/06 水鴇 裕加]
暇つぶし
たまにコスプレしてます。
プロフィール
HN:
藤縞藤
HP:
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
1 2 3 4
27 2019 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事は大家さま主催の企画『PixivMafia』に投稿した作品となっております。
企画趣旨としては古参マフィア『サングエファミリー』、新進気鋭の『ヴェルデファミリー』、警察である『アッズーロ』の3つの勢力が覇権を争っている感じ。
この企画もHDDクラッシュから帰ってきたら終わってました。切なすぎる。
主催者様はもう企画から離れているようですが、今でも参加者が自主的に企画を動かしているみたいなので、機会があればまた顔出したいですが………居なかった間に300近く作品増えてるんですよね…;

先ずはキャラシから。


pixmafi-01.jpg

サングエファミリー所属の不良神父ガブリエル。
コンセプトは『地下墓地に酒隠し持ってる残念な神父ってよくね?』でした。まあガブは先代から受け継いだだけだから直接本人の意思によりということではありませんが。
初期はマフィア所属でも後方支援で常識的な感じを狙っていたのですが、書き進めるうちにどんどん活動的になってました。初期の後方支援的立ち居地のおかげで、あとから前線に出てきても顔が割れていないというメリットもあったのですがね。


pixmafi-02.jpgpixmafi-03.jpgpixmafi-04.jpg

補足イラスト。
古佐さまのロミオさん、安鈴さまのマォロさん、神山さまのモンタギューさん、大家さまのサングエファミリーボスをお借りしました。
比較的本人のことじゃないのは、彼自身姿を偽ったりしているわけでは無いからですね。


pixmafi-05.jpg

サングエファミリー所属、勢力化にある酒場クラブ・ガーランドの歌姫ドンナとバーテンのギャロット。
こちらはクラブで従業員を募集していたので立候補しました。全く同時期に同じく『女装歌姫』が立候補されててかなり笑った覚えがあります。
反転駆使して描いてたせいで、ギャロットのベストの袷が逆になってるという致命的ミス。


pixmafi-06.jpgpixmafi-07.jpgpixmafi-08.jpg

補足イラスト。
せつさまのタイラーさんお借りしました。
ここでも趣味のバーテンスタイルにカンフーシューズになってます。
そして懸念の通り、ドンナの女装解除姿はとうとうこの補足にしか出てきませんでした。



PR
この記事の作品は、aika様主催の企画『pixiv廃校舎』に投稿したものです。
企画趣旨は廃校舎に集まった幽霊や妖怪や人間がわいわいやったり殺伐呪殺合戦やろうということです。
ちなみに藤縞はこの企画開催期間中にパソコンのHDDがクラッシュし、1ヵ月後に修理が終わって戻ってきたら企画終了していたという残念な退場の仕方をしました。
ここから自分とpixiv企画との相性最悪な運命が始まる…。

pixhai-01.png

言わずもがなですがロアです。
正確に言えば、三界生者としてのロアの一つの姿でしょうか。名前はこの企画のために即興で作りましたが、結構気に入ってます。深青はヒャッカのことですね。
種族人間ですが、役回り的には同行する人を驚かせる厄介な人です。人間と幽霊の区別がつかないから、本人は人間と喋ってるつもりでも回りは「てめえ何と喋ってるんだよっ!?」となるキャラ。肝試しで組みたくないタイプですね。
悪霊に手引っ張られて階段から落ちるネタとか考えてたんですが、上記の通り企画終了でお蔵になってしまいました。

それと若干ダークな話になるのですが、周囲との交流如何によって後から出すつもりだった深青の種族を変えてみようと考えていました。これは企画参加当初は気にしてなかったのですが、後から自キャラの設定を読み返してみて発展した内容です。
この企画では交流のあるのは基本夜間・特に深夜という設定になっておりました。
そんな時間に盲人である深緑が出歩けるものなんだろうか…と考えた結果、「もしかして深緑が自己申告で同居してると言う弟って、実はもう死んでるんじゃないの?」という可能性が見えたのです。
中身がヒャッカままなんでお判りかと思いますが、深青も相当ブラコンで過保護です。こっちでも首輪付けさせてるし。深緑も、弟のことを話すときは心配性で困ってると笑いながら話す感覚です。
「弟が心配性でね、昼に散歩もさせてくれないんだ。いっつも玄関見張ってるんだよ~」と喋る人は夜の廃校舎に居る。昼に見張りたてる人間が、夜に外出を許すのか? 気付かないことなんてあるのか? という疑問と、深緑には生者と死者の区別がつかない、という特徴からの連想で、行動ではなくそのもの『本当に恐い人間』みたいのを作りたかったなあ、と。
まあ、企画終わってたんですけどね…;;


pixhai-02.png

キャラシが目を閉じていたので、目が開いている落書き。
即興絵なので線が荒い。


pixhai-03.png

なんとなく目元に特徴のある人を一同に会させてみた図。そしてゲーム画面風。
aika様の狼尾さん、アルカリ電池様の光さんお借りしました。
なんか目が開いてるのに見えてないのが深緑だけってのがツボだったんだ。
これ描いている最中は学校の見取り図が無かったので背景とマップが適当です。


pixhai-04.jpg

こっちは水彩。
作者様の名前確認しようと思ってキャラシに飛んだら削除されてました…; 終了した企画のこういうところが寂しいですね。まあ作品多くなりすぎると整頓とかしないとならんから仕方ないんでしょうけど。
比較的悪霊や見た目がすごいタイプでも、全く接し方が変わらないのは便利です。



cc-101031.jpg

ハロウィーンということでハロウィンの絵です。
今年は時間の都合で一枚しか描けんかった…。
やっぱり魔女っ子ならハロウィンは外せないかと思いまして、魔女っ子企画の方で。去年のハロウィン絵以降に投稿されたキャラ詰め合わせです。
シュウ氏のトネリさんと仕立て屋さん、シロ氏のシルヴィアさんお借りしました。
初期投稿組はかなり大魔女の部類だと思うので、彼女らはまだまだ修行中という意味でも仲良さげな気がするんだ。だからそんな感じで描いてあります。
絵的なことを言うと初の水彩紙(正式)です。やっぱり塗りやすいのと、水張りしなくても紙が歪みにくいのはさすが専用紙ですね。あとはスキャンしてから思ったのですが、画用紙よりも発色良いかな?
この絵、サイズ変更以外の加工をしてないのですよね。普段はコントラストいじったりフィルタかけてようやく見れるようになるんですが、これは正直すごい。

cc-100930.png

そして、おかみさまのとこのハロウィン企画のカウントダウンに参加させていただいた絵の、トリミング&背景付ける前のものです。実は全身ありました。



a486ca08.png958738f5.jpg7dffecb9.jpg

魔女っ子企画で性別転換祭りが行われておりまして、それに出した絵をば。
一番左がねじ巻きの魔女ベファーナと使い魔ランプ・ニコ。
真ん中と右がトートの古書店に関連する人達。

ベフは友人にも言われましたが、男体化すると途端に老け込みます。なんでだろう。ランプとニコは欠損とっかえただけですね。
生い立ちから男性と考えた場合は、ベフのねじ巻きの魔術は頑張ればランプとニコのような一つの意思というか人格を作り出すことが可能なので、男だったらその辺でちょっとゆがみがきそうな感じがします。
人を生み出すのは女性の力ですからね。見下すまでは行かないけど、女性と一定の距離をとるような男になりそうな。

古書店メンバーは、元性別の絵よりも先に性転換絵が出るという逆転現象が起こっているキャラが多々ですw
というか左から3人除いてみんな初披露ですね。
メルヤはツーテール無くしてなんかすっきり、パイモンは元が女顔の男なのでそのまま体が女になっただけ、カルデアは髪がちょっと長くなって衣装がひらひらしたくらいですか。

20def95e.jpg

一応この絵にあわせた元姿の絵がありまして(その時点で矛盾しているw) それがこれ。
絵にある通り、左からシャックス、カイム、ナベリウス、フェニックス、セーレです。
フェニックスの姿が黒髪長身の男じゃないのは、彼女が悪魔と間違って召喚されたモンスターのほうのフェニックスだから、という設定のためですw 本当にただの不死鳥のフェニックス。
ちなみにハルファスとマルファスが居ないのは、二人が外見をとっかえただけだからですw 名前を入れ替えたらそのままその子、という。


珍しくORPG以外の更新。魔女っ子企画の小話です。
6つあるお題のうちの一つですが…他がさっぱり思いつかなんだ。
つか書いてから思いましたが、自分の書く主従は以心伝心が過ぎると思うんだ。以心伝心と言うか、互いのことをよく理解しすぎだと思われ。ちょっとくらいすれ違えばいいのに。
たまにすれ違っても片側の策略だったりしますしね。

ひとまずこれが終わったので、次はバトン考えます!w
今のとこ回答思いついてるのファー編だけですが…。


忍者ブログ × [PR]