忍者ブログ
このブログは企画系創作作品をまとめたブログです。主更新はオリキャラRPG企画になっております。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/30 由貴]
[09/06 水鴇 裕加]
暇つぶし
たまにコスプレしてます。
プロフィール
HN:
藤縞藤
HP:
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65
23 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080830-3.jpg  本家に落としたものよりも若干大きめサイズになってます。

●アルカナ5

①ディタが元闘技場のサクラだと知っている、②ディタが脱走した後の闘技場に5回以上行ったことがある・行ったキャラがパーティにいる、若しくはパーティに狂犬が居る時にディタと会話をすると発生する。

ディタに話しかけると闘技場に行ったキャラ、又は狂犬が「闘技場でまだ動いている人形がいる」という話題を切り出す。
「そんな馬鹿な…人形は俺から長時間離れたら動かなくなるはず。いや…もしかしてあいつが…」
「…だけど昶みたいな例もあるからな。まだ戦わされてたなんて……。あのさ、こんなこと頼むのも悪いけど、あんたらでその人形を壊してきてくれないか?」

引き受けて闘技場に向かうと、丁度団体戦の結果が場内に放送されており、そこで団体戦の闘技場側選手のことを聞くことができる。
人形が戦っているという団体戦は参加者上限が5人なので、パーティが6人以上いても受けることは出来るが参加できるのは5人までとなる。
団体戦で5回連続勝利すると闘技場側選手である人形『アルカナ5』との戦闘になる。 ▲モンスター名『王符キング』『妃符クイーン』『奇符ジョーカー』『雄符エース』『騎符ジャック』
この戦闘に勝つと団体戦が終了。
闘技場を出ようとするとロビーでディタと遭遇するので、報告してクエスト終了。報酬にレアアイテム『糸巻き人形』(ダンジョン内で使うと入り口に戻れる)が貰える。


→追加イベント●空ろなる座に心は降りて

上記イベントを受けた上で、パーティメンバーに零・昶が居る、若しくは6回戦目で『騎符ジャック』を一番最後に倒すと発生する。

零・昶が居る場合、6回戦目が終わった後で昶が「これは母君の人形と違います」と言い出し、直後にディタ・カルーアが客席からステージに飛び込んでくる。
居ない場合は戦闘終了後に「ちょっと待って、その人形は…!」と叫んでステージに飛び込んでくる。
「なんだこの人形は…俺はこんな人形を知らない」
『騎符ジャック』を見てディタが呟くと、相手側の選手入場口から一体の人形が現れる。
「その通り、それはボクがあなたを真似て作ったものだ」
「我が名はアルカナ5がリーダー『空符エンプティ』。全ての符を束ねし空白の札。さあ来い、己が力を信じる戦士よ!」
人形とディタのやりとり(自分達は望んで戦ってるとかなんとか)が終わると戦闘になる。先程戦った『騎符ジャック』以外のモンスターが若干強くなって再戦してきます。 ▲モンスター名『空符エンプティ』『王符キング』『妃符クイーン』『奇符ジョーカー』『雄符エース』

戦闘が終了すると、ぼろぼろになったエンプティがディタのところまで這って行って、
「ここで戦っていれば…貴女が来てくれる信じていた……。…これで、ボクたちも……貴女の…人形に……戻…れ…… …」
「! エンプティっ!?」
みたいなちょっと感動系な流れになる。
戦闘とデモが終わった後、闘技場のロビーでディタに報告してクエスト終了。報酬に素材アイテム『アルカナ5』(武器・防具に合成すると火水風土光への特効・耐性が上がる)と装備アイテム『空の白札』(アクセサリー:身につけるとアイテム欄の空きに比例してアイテムドロップ率・レアアイテム出現率が上昇)が貰える。
一度クリアするとクエスト斡旋所で何度でもイベントを受けることが出来ます。

※どちらのイベント共、通常通りに団体戦終了時の賞金が貰えます。
※このイベントの後で、闘技場から出禁をくらうことはありません。


追記に書ききれなかった設定など。




まずは一部のキャラクターとおもいっきり名前がかぶってしまった事をお詫び致します。エースさんとジャックさん…。
そしてろくに出てもいない闘技場が舞台です。ヤッチマッタヨ。

●人形たちについて
そもそもディタの能力がろくに明言されていないという問題がありますが、ひとまずディタの能力は人形を糸で操作する/人形に何者かの意識を憑依させるものではありません。
ディタが人形に近づくと、人形が無条件に彼女に奉仕するというものです。今はある程度意識して使えるようですが、突発的な事故に巻き込まれた際にはディタが意識しなくても人形は勝手に助けます。
なのでディタが闘技場を離れた今、闘技場で動いている人形が居るのは基本的にありえません。
でも一部の人形にはディタは特別な改造を施してありました。その一体がエンプティ。
アルカナ5はチーム戦用に作られており、司令塔たるエンプティにはある程度の自己決定権が備わっていました。エンプティならば或いは、闘技場から自立改造の提案をされれば受けるかもしれない…。もしも完全に機能が停止したあとに改造されていても司令塔機能はそのままなので彼女一体で残り四体を動かす事もできる。
即効で壊す決断をしたディタは結構アレですね。

戦闘メインなのに人形の性能について書けなかったのは単に文章量の問題です。
とりあえずエンプティとジョーカーは魔術師タイプ、キングが重量系、エースとジャックが素早さ重視、クイーンはトリッキーな肉弾戦タイプ。
一番問題なのは一気に5体と戦うことですかね。

●分岐キャラその他
このイベントは発生と追加条件にキャラをお借りしていますがいまいち活かしきれてない感が拭えません…。
どちらかと云うと狂犬さんとは別の会話イベントありそうだしなあ。
昶さんが居るときのみ、エンプティと会話させますか。

本文でほとんど書ききった感があるので、追記にあまり書くことがありませんでした。
ディタの能力は…もっとちゃんとしたところで書きます。
とりあえず未登録キャラのほかに人形リストとか作ろうかしら。



PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]