忍者ブログ
このブログは企画系創作作品をまとめたブログです。主更新はオリキャラRPG企画になっております。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/30 由貴]
[09/06 水鴇 裕加]
暇つぶし
たまにコスプレしてます。
プロフィール
HN:
藤縞藤
HP:
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
23 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2008 / 11


●センカの地

名前:センカの地
種別:何かの聖地、亜人の里
位置:東の国の一地域
規模:100人前後の里が幾つか。
気候:温暖湿潤で四季がわかりやすくはっきりしている
人種:センカと呼ばれる亜人種と、少数の人間その他


特徴:
センカと呼ばれる不思議なもの達が暮らす場所。国と呼べるような形態はとっておらず、複数種居るセンカがそれぞれに里を持ち生活している。
センカは元々土地の名前で、何の変哲も無い大地のある区画がセンカと呼ばれ、そしていつからかその地に住むものもセンカと呼ばれるようになった。センカの中心には四季を通じて花が咲き乱れる円形の盆地があり、名前の由来はその野に咲く花から『鮮花』とも、流れ星を指す『閃火』からとも云われている。

センカは特殊な形態をとる亜人で外見は普通の人間と変わらず、必要に応じて身体の一部または全部を獣に変えることができる。これらには月を見るなどの条件は必要なく、完全に自らの意思で行われる。幼児ならば危険を察知すると本能的に獣に変わることもある。
センカが変身する獣には複数あり、それぞれのセンカは大雑把に棲み分けして里を作っている。(猫系の里、猿系の里、魚系の里など) ただし、狼系と鳥系のセンカは共に一つの『牙翼の里』に住んでおり、数の少ない植物系のセンカは里を持たずに各センカの里にバラバラに身を寄せている。

センカは寿命が長く、一般的なセンカで人の2~3倍、植物系のセンカともなれば人の10倍以上も生きると云われている。
そのため外との交流はあってもセンカが他の土地に住み着くことや外の者がセンカに住み着くことは少ない。


イベント:動く樹
東の国の村に泊まると、昨日宿屋の横に生えていた樹がなくなっているということがたびたび起こる。
この現象を計3回見てから(同じ宿屋である必要ない) 宿屋の主人に話すと、会話選択肢の中に「昨日見た樹のこと」という項目が追加される。
選択肢を選ぶと「それはセンカ様ですよ」と主人からセンカの説明がなされる。旅の植物系センカが樹の姿をとり一泊していったのだという説明と共にセンカの地への道順も教わるので、それを聞くとセンカの地への通路が開く(話を聞くまでは通路に行っても木々で塞がれている)。





PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]